【2022年最新版】旅好き必見!マリオットボンヴォイアメックスとは?メリット・デメリットを徹底解説!

SPGアメックスカードが、マリオットボンヴォイアメックス(Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード)として2022年2月24日にリリースされました。(通称:MBAカード)

SPGアメックスの後継とされていますが、一般カード/プレミアムカードの二種類となったり、年会費、特典ともに大きな変更が入っています。

魅力的な特典が増えたものもありますが、デメリットが増えたことも事実

ここでは、マリオットボンヴォイアメックスの内容と、メリット、デメリット、どんな人におすすめなのかまずはこれだけ抑えるべき!という内容について、詳しく説明していきたいと思います!

Chocomama
ちなみに我が家では、家族カードを発行し、家族でポイントを貯めることでメリットを享受することにしています!
目次

マリオットボンヴォイアメックスとは

SPGアメックスのリブランドカード

マリオットボンヴォイアメックスは、正式名称を、Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードと言います。

マリオットホテルグループ(マリオットボンヴォイ)とアメリカンエクスプレスの提携クレジットカードになります。

元々は、「旅行好きなら持たなきゃ損!」と言われていたSPGアメックスをリブランドしたものです。

2022年2月24日からは、SPGアメックスへの申し込みはできなくなっており、マリオットボンヴォイアメックスに統一されました。

マリオットボンヴォイアメックスの2つのタイプ

SPGアメックスの時は、一つしかありませんでしたが、マリオットボンヴォイアメックスでは2つのタイプになりました。

  1. 一般カード:Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード
  2. プレミアムカード:Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

年会費、特典やポイントの還元率も異なるので、どちらが自分により良いのかは、見極めが必要です。

マリオットボンヴォイアメックスの特典・サービス比較

2つのタイプによって、カードの見た目から異なってきます!

一般カード)Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードの基本情報

項目 一般
年会費 23,100円
家族カード 11,500円
※1枚無料
Marriot Bonvoy参加ホテルでのカード利用 100円につき4ポイント
日々のカード利用 100円につき2ポイント
カード継続特典 無料宿泊特典
※150万以上の利用で35,000Pまで
宿泊実績付与 5泊
マリオットステータス シルバー
※ゴールド(年100万円利用)
「ザ・リッツカールトン」「セントレジス」で2連泊以上の予約 100米ドルのプロパティクレジット
空港ラウンジ あり
海外旅行保険 最大3,000万円
スマホ補償 なし

年会費:23,100円

年会費は、SPGアメックス(年会費:34,100円)よりも低くなりました。

ポイント還元率:2.0%

しかし、ポイント還元率が「100円につき2ポイント」、また、マリオットホテルでの利用では「100円につき4ポイント」になっています。

カード継続特典が最大35000P

カード継続特典における、無料宿泊特典が最大35,000Pまでになります。

さらに、年間150万以上のカード利用が条件となっています。

マリオットステータス:シルバー

また、無条件でもらえるマリオットステータスがシルバーになり、これまでのSPGアメックス、プレミアムカードとの大きな差が出るところでもあります。

プレミアム)Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの基本情報

項目 プレミアム
年会費 49,500円
家族カード 24,750円
※1枚無料
Marriot Bonvoy参加ホテルでのカード利用 100円につき6ポイント
日々のカード利用 100円につき3ポイント
カード継続特典 無料宿泊特典
※150万以上の利用で50,000Pまで
宿泊実績付与 15泊
マリオットステータス ゴールド
※プラチナ(年400万円利用)
「ザ・リッツカールトン」「セントレジス」で2連泊以上の予約 100米ドルのプロパティクレジット
空港ラウンジ あり
海外旅行保険 最大1億円
スマホ補償 最大3万円

年会費:49,500円

年会費は一般カードの倍にもなります。

ポイント還元率:3.0%

特典は一般カードより大きく、ポイントは「100円につき3ポイント」、マリオットホテルでのカード利用では「100円につき6ポイント」もらえます。

カード継続特典が最大50000P

カード継続特典における、無料宿泊特典が最大50,000Pまでになります。

一般カードに比べると、15,000P異なるので、その分カテゴリーの高いホテルに泊まりやすくなります。

こちらも、年間150万以上のカード利用が条件となっています。

マリオットステータス:ゴールド

マリオットステータスはゴールド、さらに、年400万以上の決済でプラチナエリートを獲得することも可能です。

マリオットホテルでの優遇を考えると、プレミアムカードは魅力的ですね!

Chocomama
また、一般カード、プレミアムカードの両方において、家族カードが1枚目から無料になるので、決算分を合算することで、家族でポイントは貯めやすくなります。

一般カード、プレミアムカードの比較

基本情報比較

比較をまとめると、以下になります。

※参考までにこれまでのSPGアメックスの特典も載せます。

項目 一般 プレミアム SPGアメックス(参考)
デザイン マリオットアメックスカードの券面デザイン マリオットアメックスプレミアムカードの券面デザイン SPGアメックスカードの券面デザイン
年会費 23,100円 49,500円 34,100円
家族カード 11,500円
※1枚無料
24,750円
※1枚無料
17,050円
Marriot Bonvoy参加ホテルでのカード利用 100円につき4ポイント 100円につき6ポイント 100円につき6ポイント
日々のカード利用 100円につき2ポイント 100円につき3ポイント 100円につき3ポイント
カード継続特典 無料宿泊特典
※150万以上の利用で35,000Pまで
無料宿泊特典
※150万以上の利用で50,000Pまで
無料宿泊特典
※50,000Pまで
宿泊実績付与 5泊 15泊 5泊
マリオットステータス シルバー
※ゴールド(年100万円利用)
ゴールド
※プラチナ(年400万円利用)
ゴールド
「ザ・リッツカールトン」「セントレジス」で2連泊以上の予約 100米ドルのプロパティクレジット 100米ドルのプロパティクレジット なし

比較すると、プレミアムは年会費が高い分、特典も増えているのがわかります。

一方、年会費は高いので、躊躇する場合は一般カードを検討することもありでしょう。

ただ、特典内容を検討すると、正直一般カードはあまりお勧めできません。

年間150万以上使い、同じ無料宿泊特典が得られるのであれば、15,000P多くもらえ、ポイント還元率も高いプレミアムの方がコスパはいいと言えるでしょう。

【150万決済した場合】

一般 プレミアム
年会費 23,100円 49,500円
無料宿泊特典 35,000ポイントまで 50,000ポイントまで
日常使いでもらえるポイント(150万円分) 30,000ポイント 45,000ポイント

その差、無料宿泊特典の15,000ポイントと、日常使いのポイントの15,000ポイントで、30,000ポイント異なってきます。

年会費の差額、26,400円に対し、得られる30,000ポイントと、他の特典の差分を見ると、一般カードはコスパがいいとは言えないでしょう。

逆に、年間150万円以上使わない場合、一般カードでも正直持つ魅力はありません。

現在開催している豪華入会キャンペーンについてはこちらをご確認ください。
関連記事

SPGアメックスカードが、マリオットボンヴォイアメックス(Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード)として2022年2月24日にリリースされました。(通称:MBAカード) 入会するには、紹介制度を用いれば一番特典[…]

トラベルサービスの比較

項目 一般 プレミアム SPGアメックス(参考)
空港ラウンジ あり あり あり
手荷物無料宅配サービス あり
※対象3空港
あり
※対象4空港
あり
※対象3空港
空港クロークサービス あり
※対象1空港
あり
※対象1空港
あり
※対象1空港

トラベルサービスに関しては、ほぼ同等の特典がつきます。

一部、手荷物無料宅配サービスに関しては、一般カードでは成田空港、中部国際空港、関西国際空港だけなのに対し、プレミアムカードでは羽田空港も対象になります。

都民にとってはここは大きいです。

空港クロークサービスは、一律、中部国際空港のみが対象となっています。

各種プロテクションの比較

旅行保険に関しては、一般、プレミアムともに全て傷害死亡・後遺症保険旅行代金をカードで決済した場合、対象となります。

つまり、旅行にまつわる支払い(航空券やツアー代金)を事前にマリオットボンヴォイアメックスで決済している必要があります。

Chocomama
SPGアメックスではカード決済していない場合も対象だったので、ここは異なります。
項目 一般 プレミアム SPGアメックス(参考)
海外旅行傷害保険 最大3,000万円 最大1億円 最大1億円
※カード決済していない場合最大5000万円
国内旅行傷害保険 最大2000万円 最大5000万円 最大5000万円
ショッピングプロテクション 年間200万まで 年間500万まで 年間500万まで
オンラインプロテクション あり あり あり
キャンセルプロテクション なし 最高10万円まで 最高10万円まで
リターンプロテクション なし 最高3万円まで 最高3万円まで
スマフォプロテクション なし 最大3万円 なし

プレミアムカードではプロテクションが強化されています。

保険金額が大きく異なってくるほか、プレミアムではキャンセル/リターン/スマフォプロテクションがついてきます。

うっかり落としてスマフォの画面にヒビが入った時などの修理費用として使うことができます。

もし、日頃からスマフォの修理を必要としている場合、大変魅力的な補償内容です。

マリオットボンヴォイアメックスの5つのメリット

ここでは、マリオットボンヴォイアメックスの特に大きな5つのメリットをまとめていきます。

マリオットボンヴォイエリート資格の付与

一般会員は「シルバーエリート」、プレミアム会員は「ゴールドエリート」会員資格付与

「マリオットボンヴォイ」の基本会員資格は以下の6段階があります。

その中の、一般カードは「シルバーエリート」、プレミアムカードは「ゴールドエリート」会員資格が、カードを持つだけで自動で付与されます。

項目 一般 プレミアム SPGアメックス(参考)
マリオットステータス シルバー
※ゴールド(年100万円利用)
ゴールド
※プラチナ(年400万円利用)
ゴールド


シルバーエリートは年間10泊以上、ゴールドエリートは、年間25泊以上の宿泊を達成した場合に付与される会員資格です。

それが、カードを持つだけで資格を持つことができ、様々な特典を享受できます!

シルバーとゴールド会員の比較

では、シルバーとゴールドで何が異なるのかをまとめます!

特典 シルバー(一般) ゴールド(プレミアム)
ボーナスポイント 滞在ごとに10%の追加ポイント 滞在ごとに25%の追加ポイント
客室の無料アップグレード
レイトチェックアウト
午後2時までのレイトチェックアウトが可能
レストラン割引 10% 15%
客室無料インターネット 無料の高速インターネット
モバイルチェックイン
ウェルカムギフト 250ポイントまたは500ポイント付与

参考:会員特典をさらに楽しむには

△は、条件があったり、保証がされていない場合になります。

ゴールドエリートならではの、客室のアップグレードや、インターネットサービスが充実しているのは大きいですね。

条件クリアでさらに上のステータス獲得が可能

年間決済額で上のステータス確保

一般カードは、年間100万円以上でゴールドエリートに、プレミアムカードは、年間400万円以上決済した場合、さらに上のプラチナエリートになることができます。

一般会員 プレミアム会員
条件 年間100万円以上決済 年間400万円以上決済
ステータス ゴールドエリート プラチナエリート

宿泊実績加算で上のステータス確保

マリオットボンヴォイアメックスは、継続特典として宿泊実績が加算されます。

一般カードは5泊、プレミアムカードは15泊の宿泊実績が付与されます。

一般会員 プレミアム会員
宿泊実績 5泊 15泊

つまり、一般会員の場合は15泊、プレミアム会員の場合は35泊すれば、次のステータスが確保できます。

年間400万使うのはちょっと、、という方はこちらの方が達成しやすいかもしれません。

プラチナになると、ゴールドエリートからさらに増える特典として

・滞在ごとに50%の追加ポイント付与
・ラウンジへのフルアクセス
・ウエルカムギフト(ポイント、朝食、アメニティから選択)
・レストラン割引が20%
・客室のアップグレード(スイートルームも可能)
・レイトチェックアウト(16時まで)

より特典の魅力が満載です。

毎年無料宿泊券のプレゼント

カード更新時に、世界中で利用できる無料宿泊特典を毎年1回プレゼントされます。

年150万以上の決済が必要になってきますが、一般カードで「1泊35,000ポイントまで」、プレミアムカードで「1泊50,000ポイントまで」付与されます。

マリオットホテルはポイントを使った宿泊の際、ホテルのカテゴリによって必要ポイント数が異なリます。

1泊35,000ポイントでは「カテゴリー5(スタンダード&オフピーク)」まで、

1泊50,000ポイントでは「カテゴリー6(スタンダード&オフピーク)」、さらに「カテゴリー7(オフピーク)」までが対象になります。

無料宿泊に必要なポイント数

カテゴリー オフピーク スタンダード ピーク
1 5,000 7,500 10,000
2 10,000 12,500 15,000
3 15,000 17,500 20,000
4 20,000 25,000 30,000
5 30,000 35,000 40,000
6 40,000 50,000 60,000
7 50,000 60,000 70,000
8 70,000 85,000 100,000

ホテルのカテゴリについては、こちらの記事もご確認ください。

関連記事

日本国内、マリオットボンヴォイのホテル一覧になります。 マリオットボンヴォイアメックス(旧SPGアメックス)のポイントも使って、お得に高級ホテルに宿泊しましょう! 各ホテルごとに添い寝可能な年齢、最大収容人数の制限は異なるので、[…]

各種航空会社のマイル移行還元率が最大1.25

カードを使用すると、100円につき、3Pが付与されます。
※マリオット系列ホテルだと100円につき、6P付与へUPされます。

そして、溜まったマリオットポイントは、ANAやJALを含む40社以上の航空会社のマイルと変換可能です。

通常、交換レートは3,000ポイント=1,000マイルですが、60,000ポイントの交換ごとに5,000マイルのボーナスマイルがもらえることになっています。

すなわち、60,000ポイント変換時の実質的なマイル還元率が1.25%になります。

これは、他のクレジットカードと比べてみても、非常に高い還元率です。

変換するポイント マイル 還元率
30,000ポイント 10,000マイル 1%
60,000ポイント 25,000マイル(通常20,000+ボーナス5,000) 1.25%
Chocomama
ポイントは、ホテル宿泊か、マイルへの変更と、旅のプランにあわせて使えるのはありがたいですね!

家族カードが1枚無料で発行可能

マリオットボンヴォイアメックスでは、通常カードとプレミアムカードともに、家族カードが1枚無料で発行できます。

項目 一般 プレミアム
年会費 23,100円 49,500円
家族カード 11,500円
※1枚無料
24,750円
※1枚無料
Chocomama
SPGアメックスでは無料で発行できなかったので、これはかなりお得ですね。150万円の壁も、家族カードでクリアする人が増えているようです。
家族でカードを利用したい人にとっては大きなポイントです。
特に、無料宿泊特典を受ける場合、年150万以上の決済が必要ですが、家族カードでの決済分を合算できるので、家族で協力し合えるのは大きなメリットと言えます。

マリオットボンヴォイアメックスのデメリット

メリットがある一方、デメリットがあることも事実。

それについても理解した上で、カード選びをしましょう。

特に、年会費、特典を教授する上での条件となる金額面は大きなことですので、しっかり検討したいですね。

年会費が高い

一般カードで23,100円、プレミアムで49,500円と、決して安くはありません。

金額だけを考えると、難しいですが、メリットや、継続するごとにもらえる無料宿泊特典(条件あり)もあるので、年会費分はペイできることになります。

年150万円の決済をしないと特典が十分に享受できない

最大のデメリットは、無料宿泊特典獲得のためには年150万円の決済条件をクリアする必要があることです。

ここは、過去のSPGアメックスではありませんでした。

つまり、年150万円の決済を行わない場合、持っても特典を十分に生かすことができません。

特定の加盟店では100円=1ポイントとして加算されない

マリオットボンヴォイアメックスでは、一般カードで2%、プレミアムカードで3%と、高いポイント還元率があります。

しかし、特定の加盟店ではポイント加算対象外だったり、100円=1ポイントとして換算されない加盟店があるので、注意が必要です。

電子マネーや公共料金などはポイント還元率が悪いので、カードの使い道を検討する必要もあるでしょう。

ポイント加算対象外の加盟店

NHKや電子マネー、寄付団体などが対象になります。特に、電子マネーはよく使うので要注意です!

100円=1ポイントとして換算されない加盟店

200円=1ポイントで換算される加盟店になります。

電力会社やガス会社、水道局などの公共料金や、税金・公金などが対象です。

マリオットボンヴォイアメックスをおすすめする人、しない人

では、実際にマリオットボンヴォイアメックスについて、どのようにカード選びをすればいいでしょうか?

マリオットボンヴォイアメックスは年間の決済金額によって得られる特典が変化します。

そのため、年間決済額に準じてカード選びをすることができます。

年間決済額に応じたカード選び

年間決済額が150万円以下の場合

一般カード、プレミアムカードともにおすすめしません。

年間の決済額が150万円以下の場合、一般カード、プレミアムカードともに、継続特典の「無料宿泊特典」を獲得することができません。

これでは、せっかくの継続特典を大きく活用することができなくなるので、カードを持つメリットは高くありません。

年間決済額が150万円から400万円以下の場合

プレミアムカードがおすすめです。

年間150万円決済した場合、無料宿泊特典(50,000ポイント)がもらえるので、年会費分をペイすることができます。

プレミアムカードを持つことで、ゴールドエリートを獲得することもでき、ホテル滞在をより楽しむことができるでしょう。

年会費の安い一般カードも可能ですが、無料宿泊特典が35,000ポイント、ポイント還元率が低いことを考えると、プレミアムの方がメリットが高いと言えるでしょう。

Chocomama
正直、一般カードならマリオットボンヴォイアメックスでなくてもいいのでは、、と思います。

年間決済額が400万円以上の場合

プレミアムカードを持つことをおすすめします。

無料宿泊特典(50,000ポイント)がもらえるだけでなく、プラチナエリートも付与されるので、さらにカードの恩恵を受けることができます。

客室のアップグレードで、スイートルームにも泊まれるかも!?

これは、カードを発行しない理由がありませんね。

まとめると以下です。

〜150万円:おすすめしない
150〜400万円:プレミアムカードをおすすめ
400万円〜:プレミアムカードを持つ

現在開催中の豪華入会キャンペーン

なお、今なら、紹介制度を使うと最大88,500ポイント獲得が可能になり、さらには公式サイトから申込をするよりも最大6,000ポイントも多く獲得できます!

紹介キャンペーンを活用したい!

今すぐ内容を確認したい!

という方は、以下からメールアドレスを登録いただけると、専用URLをお送りします。

    自動返信メールにて、紹介URLを1分以内にお送りします。

    もし、届いていないようであれば、迷惑フォルダなどもご確認ください。

    関連記事

    SPGアメックスカードが、マリオットボンヴォイアメックス(Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード)として2022年2月24日にリリースされました。(通称:MBAカード) 入会するには、紹介制度を用いれば一番特典[…]

    まとめ

    本記事では、カードのタイプや特徴、メリット、デメリットと、カードの選び方をまとめました。

    カードは、2タイプあります。

    1. 一般カード:Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード
    2. プレミアムカード:Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

    大きく異なる点は、以下です。

    項目 一般 プレミアム
    年会費 23,100円 49,500円
    Marriot Bonvoy参加ホテルでのカード利用 100円につき4ポイント 100円につき6ポイント
    日々のカード利用 100円につき2ポイント 100円につき3ポイント
    カード継続特典 無料宿泊特典
    ※150万以上の利用で35,000Pまで
    無料宿泊特典
    ※150万以上の利用で50,000Pまで
    宿泊実績付与 5泊 15泊
    マリオットステータス シルバー
    ※ゴールド(年100万円利用)
    ゴールド
    ※プラチナ(年400万円利用)

    カードを持つことのメリットは、

    マリオットボンヴォイエリート資格の付与
    条件クリアでさらに上のステータス獲得が可能
    毎年無料宿泊券のプレゼント
    各種航空会社のマイル移行還元率が最大1.25%
    家族カードが1枚無料で発行可能

    デメリットは、

    年会費が高い
    年150万円の決済をしないと特典が十分に享受できない
    家族カードにはステータス付与の特典なし

    カード選びは、

    〜150万円:おすすめしない
    150〜400万円:プレミアムカードをおすすめ
    400万円〜:プレミアムカードを持つ
    カード選びにおいて、メリット、デメリットを理解した上で選びたいですね!
    参考になると嬉しいです!
    最新情報をチェックしよう!