MZDAO(エムズィーダオ)とは?初期メンバーが感じる魅力とこれからについて

  • 2022年10月4日
  • 2022年10月6日
  • 雑記
  • 312view

2022年8月に、元ZOZO代表取締役の前澤友作さんが立ち上げたMZDAO(エムズィーダオ)をご存じでしょうか?

コミュニティーの初期メンバーを募集して大きく話題になりました。

初期メンバーとして、目標としていた一万名を大きく上回る約24万名(9月末時点)ものメンバーが集まっています。

私自身、実は初期メンバーとして登録しました。

今回は、始動し始めたこのプロジェクトの魅力を語っていきたいと思います!

この記事は、以下の方に向けてです。

・MZDAOに興味があり、内容を知りたい方
・新しいことを始めたい方
・参加しようか迷っている方

MZDAOとは

MZDAOは、2022年7月30日に、元 ZOZOの前澤友作(MZ)さんが立ち上げた、「みんなで会社を作ろうプロジェクト」に参加するためのオンラインコミュニティです。

コンセプトは、「みんなで参加して、みんなで育てて、みんなで儲けよう」

現在の状況は以下です。

参加人数:約24万人(9月末時点)
事業内容:未定(年内スタートの予定)
※アイデアを募り、精査している段階。コミュニティで集まった事業提案数は16,648件になります。
限定記事:2,000から3,000文字の記事を2日に一度のペースで公開

参加条件について

参加費用は月額500円

参加条件は、以下です。

月額:500円の支払い

元々はクレジットカードを保有するメンバーのみ参加できましたが、現在はクレジットカード未保有者でも電子決済サービスで参加できます。

Chocomama
つまり、500円払えば誰でもMZDAOコミュニティに参加でき、前澤さんの仲間になれるのです。

参加費用の中身

この500円は前澤さん(MZ)の限定記事を購読したり、コミュニティに参加するための費用です。
記事を読んで、アンケートに参加したり、コメントをしたり、MZとのQ&Aセッションなどが実施されています。
いわゆる、オンラインサロンや有料ブログに近いものへの参加費です。
有料にした狙いとしては、真剣な人たちだけを集めて、事業に前向きに取り組むためとされています。
Chocomama
ちなみに退会に関しても、いつでも可能としています。試しに1ヶ月入ってみて、中身を覗いてみるのでもOKです!

そもそもDAOとは?

MZDAOの目指すものの前に、そもそもDAOについて理解が必要です。

DAOとは、「Decentralized Autonomous Organization」の略称で、「分散型自律組織」を意味します。

特定の所有者や管理者が存在せず、メンバーが共同で事業やプロジェクトを推進できる組織を指す言葉です。

これは従来の株式会社のような組織とは全く異なり、Web3が本格化する現在において盛り上がる組織形態と言われています。

管理者が不在で、メンバー同士でプロジェクトを管理、推進する
誰でもメンバーになれる
透明性が高い

みんなで一緒に作り上げていこう!みんなが主体的に、楽しみながら成果を出そう!DAOを作り上げていこう!

ということですね。

それによって、コンセプトである「みんなで参加して、みんなで育てて、みんなで儲けよう」に近づくわけです。

MZDAOの目指すもの

では、実際にMZDAOって何を目指しているのでしょうか。

コミュニティ内でのメッセージから、目指しているものは以下になります。

DAOのメリットを用いて、一気に大きく事業を始め、みんなで儲けよう!

大きく事業を始めるため、影響を広げるために、まずは目指せ!メンバー100万人を掲げています。

MZDAOでは、誰もが自由に事業に参加できます。

これまでの資本主義の世界は、どちらかと言えば多くの人にとって能動的な世界です。

MZDAOでは、自分たちが主体的に活動することで、資本主義のしがらみから離れ、経済格差の是正になるかもしれません。

それは、時間や身体的に、いろんな制約があってできなかったことが、スマホ一つで新しいチャンスを掴めるかもしれません。

ここから、新しいムーブメントが生まれるかもしれません。

そんな世界を描いているのが、MZDAOです。

Chocomama
ワクワクする世界が生まれそうですね!

MZDAOの魅力

そんなMZDAOに入ると何がいいのでしょうか?

公式ページで謳われているのは以下4点です(要約)。

  1. 前澤さん(MZ)と一緒に会社を作っていく過程を共有できる
  2. スマホから事業にゆるく参加できる
  3. 事業やプロジェクトに貢献した分、報酬がもらえる可能性がある
  4. 自分たちで立ち上げたサービスや商品を安く買える可能性がある

こちらに関して、まだ事業が始まっていないため、③④はこれからです。

①②に関しては既に始まっていて、後述しますが、②によって事業提案を集め、まさに①を進めているところになります。

そして、MZDAOのコミュニティではまさにこれらに対するワクワク感があり、それらをみんなで共有しています。

また事業が始まることへの魅力も大きいですが、体感的には前澤さん(MZ)の記事を読んだり、他の方のコメントを見て、気づきを得られることも大きいです!

①事業の成長と報酬面において、これから始まる事業への期待がある
②記事やコメントからの学びを得られる

MZDAOの注意点

一方で、MZDAOのコミュニティに対する注意点に対する理解も必要です。

  1. 事業が始まらない、もしくは中断する可能性もあります
  2. 報酬が受け取れない可能性もあります
  3. 返金はありません

MZDAOではこれから事業を進めていきます。

そのため、明確なものがあるわけではなく、うまくいかない可能性ももちろんあります。

また、一方で、守られてもいます。

  1. うまくいかなくてもメンバーに負債は発生しません
  2. 事業やプロジェクト資金を募ることはありません

事業資金は前澤さん(MZ)が拠出するので、コミュニティメンバーに参加費(月額500円)以上の出費が求められることはありません。

MZDAOのこれまでとこれから

8月に立ち上がったMZDAOのこれまでと、これから何が起こるのかを説明します。

これまでの動き

今後のロードマップの公開

今後、事業を立ち上げていく大まかなロードマップが共有されました。

まずは年内の立ち上げを目指しています。

事業提案の募集

実際にどんな事業をするのかをアンケートで募集しました。

年間利益100億円以上が見込め、みんなで参加し、社会的意義が高められることなどを条件に、【16,648件】の事業提案が集まっています。

コミュニティのあり方や今後についてディスカッション

それと並行して、コミュニティをどうしていくか、仕組みやあり方などについてのディスカッションを前澤さん(MZ)と一緒にしています。

記事を通して、アンケートやコメントでみんなの意見を共有し、それを汲み取っていく形です。

これからの動き

絞られた約20の事業提案に関してアンケートを実施

まずは10月に、16,648件の中から絞られた約20の事業提案に対して、アンケートが実施されます。

そして、だんだんアンケートを繰り返して絞られていく形になります。

年内に事業をスタート

絞られた結果、市場調査などの段階をふみ、年内に事業を開始することを目標としています。

アンケートなどの回答は自由参加ですが、記事によってはコメント数が約6万件、アンケート回答数が約15万件のものもあり、全体的に非常に貢献度が高いです。
今後貢献度によっておそらく報酬の設計に関わってくるのでは、とされています。

今、参加するといいこと3点

現在、MZDAOではメンバーを再募集しています。(10月時点)

今、参加するといいこととして、以下の3点があります。

  1. 事業が立ち上がる流れを体感できる
  2. 事業に早い段階で参加できる
  3. 過去の記事への遡りがしやすい

事業が立ち上がる流れを体感できる

10月から、実際に今後始める事業が絞り込まれ、始まっていくところです。

そのため、今入ると、まさに事業が立ち上がっていく流れを体感できます。

Chocomama
事業が立ち上がる様子を一緒に経験できるのは、なかなかレアだと思います。

一個人だと難しいことも、MZDAOなら前澤さん(MZ)というプロ経営者と一緒にできるのです。

何か、起こりそうな気がしませんか。

事業に早い段階で参加できる

今回、実際に立ち上げていく事業はアンケートで募集されました。

つまり、自分たちの意見が通っています。

そのほかにも、記事を通して前澤さん(MZ)とのQ&Aセッションも実施されていて、その中から新しい提案につながっているケースもあります。

もし、何か始めたい方がいれば、早い段階から参画することで、自分がやりたいことが実現できるかもしれません。

過去の記事への遡りがしやすい

現在、2日に一度のペースで記事が公開されています。

当たり前ですが、これからますます増えます。

全体を把握する上では、やはり遡りは重要ですし、読んでおいた方がいいものはあるので、流れを把握する上でも早めに加入した方が楽なのかなと思います。

MZDAOに参加するには?

参加する場合、公式ページから登録することで参加が可能です。

一番下にある「MZDAOコミュニティに参加する」を押下すると登録情報を入れることができます。

※下記のボタンから飛べます。

MZDAOコミュニティに参加する

流れは、以下のステップになります。

  1. メールアドレス認証
  2. メンバー情報登録
  3. 決済
  4. 完了
コミュニティには匿名でも参加可能です。
支払いは、クレジットカード、PayPayなどの電子決済が可能です。

ご参考)私が入会したきっかけと入った感想

私は8月に立ち上がった当初からの初期メンバーです。

元々入ったきっかけは以下でした。

①前澤さんのビジネスに対する期待
②なんか儲かるかも笑
③入るなら最初から入って、ビジネスが立ち上がる全体の流れを見てみたい

実際に入ってみて、きっかけからの思いは変わっていないです。

そして、プラスの発見もありました。

①世の中の動きに触れる(正直DAOとかきちんと理解していなかった)
②コミュニケーションをベースにした前澤さんの考えに高頻度で触れる
Chocomama
オンラインサロンに入ったことはありませんでしたが、この2点に触れる勉強会に参加している気分です。
そのため、参加費500円は、それが結果たとえ事業に結びつかなかったとしても、私自身はサロンの勉強代だと思っているので損した気分にはならないです。

まとめ

MZDAOはこれからまさに事業が立ち上がっていくところです。

そのため、今入ると、一からの流れを体感できるという大きなワクワク感をみんなで共有することができます。

まだ形が明確でないため、そこに対するリスクはありますが、オンラインサロンのような学びの場でもあるので、被害を被るようなものではありません。

プロ経営者とコミュニティのみなさんと何かを作り上げていく楽しみが詰まったMZDAOという場所が、これからどんなムーブメントを巻き起こしていくのか、

もし興味をお持ちになったら、ぜひ参加してみてください。

MZDAOに参加する

最新情報をチェックしよう!